午前9:30~13:00/午後14:00~18:00
※木曜日は週によって午後17:00までに
なります。
※訪問診療の時間につきましては、ご相談の上決めさせて頂きます。

診療時間ページへ

診療科目

一般歯科/インプラント
審美歯科/ホワイトニング/歯周病科
予防歯科/小児歯科/訪問歯科診療

アクセス

クリニック所在地
〒107-0062
港区南青山1-1-1 新青山ビル西館3F

青山一丁目駅 新青山ビルユー歯科

アクセス

お支払いについて

自費診療のお支払いは各種カードをご利用いただけます。下記カード以外もお取り扱いしておりますのでお尋ねください。

お支払いについて

小児歯科

小児歯科

小児歯科「こどもの歯はいずれ永久歯に生えかわるから虫歯のままほうっておいても大丈夫」なんて思っていませんか?
乳歯が健全か、正しく治療されているかは、後の永久歯の歯列だけでなく、大事な成長期の身体の発育にまで大きく影響してきます。

小児は自分で上手に歯磨きができないため、プラークコントロールが不十分になってしまいます。乳歯はエナメル質も薄いので虫歯になりやすく進行も早いため、普段からの注意が必要です。

まずは歯磨きの習慣をつけ、できるだけ歯垢(プラーク)をためないようにすることが大切です。
ご家庭での歯磨きはもちろん、食生活や保健所での1歳6ヶ月検診・3歳時検診などでお子様の歯の様子に気をつけてあげてください。また歯科医院で3ヶ月~6ヶ月に一度の歯科検診をお勧めします。

ページトップへ

お子様の歯磨きについて

お子様の歯は乳歯が一本でも生えたら、虫歯になる可能性があります。早くから歯磨きの習慣をつける事が大切です。

歯磨き習慣を身に付けてあげましょう。

乳歯の歯磨き虫歯予防の第一歩は先ず歯磨きです。

小さい時から習慣付けしておかないと、なかなか身に付きませんので、少しずつ続けて、歯磨きの習慣を身に付けてあげてください。

まずは、赤ちゃんの頃からご機嫌のいい頃を見計らって歯をガーゼ等で拭いてあげ、歯ブラシを使うことへの抵抗を少なくしてあげて下さい。
そして、奥歯が生える頃には歯ブラシを使って歯磨きを始めましょう。歯ブラシの使い始めは嫌がる事も多いです。お気に入りのキャラクター歯ブラシを使ったり、テレビのこども番組の歯磨きコーナーで歌を歌いながらなど楽しみながら磨いてあげましょう。

乳歯のブラッシング方法

歯ブラシを歯の面に平行にして少し力を入れて小刻みに動かす横磨きで磨きます。奥歯や歯と歯ぐきの間は、虫歯になりやすいので特に丁寧に磨きましょう。

お子様自身の歯磨きは・・・

少しずつ・・・初めは歯が生え始める頃におしゃぶり感覚で持たせてみてください。
但し、怪我や事故の元になりますので渡しっぱなしには決してせず、目の届く範囲で注意してあげましょう。
そして、3歳を過ぎたら、自分で歯磨きをさせるようにしましょう。この頃から、お子様自身に「正しい歯の磨き方」を覚えさせ、「食事をしたら歯を磨く」という事を習慣づけましょう。

しかし、まだまだ上手に磨くことはできません。お子様自身の歯磨きでは不十分ですので小学校低学年くらいまでは、歯磨きが終わったら保護者の方がしっかり確認し、仕上げ磨きをしてあげてください。

ページトップへ
  • 料金表
  • よくあるご質問